ハワイの物件情報を簡単にまとめてみました

はじめに

最近ではハワイに移住しようと考えている人が増えているようです。常夏のハワイ、湿気を感じることもない気候、気候からストレスを感じることなく過ごすことができるハワイは観光だけではなく、移住先としてもかなり人気です。

治安の面だけではなく、医療の面でも安心して過ごすことができるので移住先としては最高の条件がそろってるのかもしれません。

ハワイの不動産の魅力とは

ハワイへ移住を考えるとき、多くの人はハワイでの不動産購入を考えるはずです。もちろん、不動産購入をしなくても移住はできるでしょうが、ずっとそこに滞在することを考えるとやはり購入してしまったほうがいいといえるでしょう。ハワイの不動産には購入を検討するだけの魅力があります。

  1. ハワイ滞在には自分の家を利用できる
  2. 移住と言ってもそう簡単にできるわけではありません。ハワイはアメリカ合衆国の一部ですから移住するためにはビザが必要です。とはいうものの、ハワイに将来的に移住を考えていて頻繁にハワイを訪れるのであれば不動産を購入してしまったほうが自由にハワイ滞在を楽しむことができます。不動産を購入することで自分の家をハワイに持つことができれば好きなときにハワイの自分の家に滞在することができます。

  3. ハワイの不動産の資産価値は落ちない
  4. ハワイは観光地としてもかなり人気の場所です。ですから、日本の不動産とは異なり、年数とともに資産価値が落ちていくという傾向はほとんどありません。移住するつもりではいたものの、移住することがなく不動産を売却することになった場合、不動産の売却はそれほど難しいことではありません。

  5. 不動産を貸すことも可能
  6. ハワイで不動産を購入しても完全移住をしなければ不動産は使用されないまま、と言う状態になっている時期もあるということです。そういった期間に、誰かに貸すということも可能です。ハワイに訪れる人は観光客だけではありません。中には長期留学、短期の語学留学などをする人もいます。そういった人たちに購入した不動産を貸すことで収入を得ることも可能です。

ハワイの物件情報

ハワイで物件を購入するとなると日本のようにはいかないのも現実です。実際に物件を購入する前にきちんとハワイの物件情報に関して調べておく必要があります。

ハワイでの住宅のタイプは主に一戸建てとコンドミニアムがほとんどです。特に、観光客の多い地区などではコンドミニアムが主流となっているはずです。

また、物件の値段はその立地条件だけではなく、眺望がいいかどうかもその物件の値段に影響されてきます。そして、物件の多くは家具つきのものが多く、物件購入後に家具を買い揃える手間が省けるというメリットがある場合もあります。

ハワイは基本的には人気の観光地でもあり、物件も中古物件であってもかなり高値で取引されています。日本のように中古物件だから価値が下がるという傾向はほとんどありません。

日本ではどこの家もバスタブがあるのが一般的ですが、ハワイでは日本のようにお風呂につかるという習慣がほとんどありません。ですから、物件によってはシャワーのみの物件もありますので、購入の際には注意しましょう。

ハワイの物件購入ガイド

ハワイは日本人にとって身近な海外と言うイメージですが、ハワイは日本ではなく海外です。海外であれば物件購入の際にも日本とは勝手が異なります。

実は、ハワイの物件情報は全てMSLというシステムに登録されています。このMSLは誰でも世界中から閲覧することができるものです。もちろん、日本からでも閲覧は可能ですので事前に自分で気になる物件をチェックしておくといいかもしれません。

ですが、このシステムには注意が必要です。なぜかというと、このMSLに登録されている物件を一つの不動産エージェントが扱っているわけではないからです。複数のエージェントが同時に同じ物件を扱っていることになるので、不動産エージェント選びもかなり重要です。

実際に物件購入前から物件購入後のフォローまでしっかりとしてくれる信頼できるエージェントを見つけるということは何より重要になってくるかもしれません。英語が苦手であればなおさら日本語が通じるエージェントを探す必要があります。

ですから、物件購入の流れとしては、まず不動産エージェントを見つけ、物件を探し、物件を購入するということになるでしょう。

ハワイ不動産の基礎知識

ハワイで不動産を購入する上ではある程度の基礎知識は必要になります。

ハワイでは外国人にも土地所有は認められています。ですが、その土地所有には大きく分けて2種類のタイプがあります。

  • 土地所有権(Fee simple)
  • これは土地と建物の両方が含まれた物件です。価格が高いのがネックなのですが、購入後には土地と建物が自分のものになるため月々土地の持ち主に対して土地の賃貸料を支払うことがない、というのがメリットです。

  • 借地権(Leashold)
  • これは建物はオーナーのものになりますが、土地は別のオーナーのものとなっているため月々地代を支払う必要があります。たとえ建物が自分のものになってもオーナーに地代を支払い続けるというのは物件購入をするメリットが半減されてしまうような気もします。

ハワイ不動産を購入する際には、この2点を特に注意しなければなりません。ハワイで物件を購入し、自由な生活を送るつもりが毎月の地代が負担になってしまうということもあります。借地権がある物件は購入するのなら周囲の同じような物件の地代がいくらなのか、いつこの時代が更新されるのか、この物件の地代はいくらなのか、等、きっちりと把握してから物件を購入しなければなりません。

まとめ

ハワイで不動産を購入する際に覚えといて損はない情報がたくさんあります。ハワイへは完全な移住なのかプチ移住なのかによっても条件などは変わってくるとは思いますが、ハワイで不動産を購入するということは上手く行けば資産を生み出すことも可能です。

ハワイに自分の家をもちつつ、使用していない間は誰かに貸すということで収入を得ることも可能になります。もちろん、税金対策なども必要になります。

ハワイで不動産を持つということはメリットだけではありません。デメリットをきちんと考慮したうえで不動産を購入すればその後の運用はそれほど難しくないはずです。

ピックアップ記事

PAGE TOP